東急SレイエスFC

ニュース

News

新年のご挨拶

2021.01.01

 新年明けましておめでとうございます。

 旧年中は温かいご支援並びに熱いご声援を賜りまして、誠にありがとうございました。


 昨年は、日本中が新型コロナウィルスに翻弄された1年でした。しかし、そのような厳しい環境の中でも、新設したサッカートップチームは、神奈川県3部リーグ5戦全勝(現在首位)、アカデミーでは、U-18がタウンクラブカップ全国大会初出場、またU-15は高円宮杯において全国大会初出場をつかみ取り、クラブ創設20年という節目で新たな歴史の扉を開きました。そして来年度にはフットサルU-18チームを発足させ、クラブとして目指す育成システムを一貫指導体制の中で更に発展させていく予定です。またクラブ全体としても、コロナの影響による様々な社会課題に対して、「Reyes BONDS Action(地域の方々と絆を作る活動)」を通して、オフィシャルパートナーの方々と様々な取り組みを展開し、ピッチ外での活動も充実させることができました。


 不安になるようなニュースが飛び交い、先行き不透明な状況で、こうして歩みを止めることなく進むことができますのも、皆様からの多大なご支援によるものと心から感謝申し上げます。オフィシャルパートナーやサポーターの方々、また多くの保護者の方々からいただきました「一緒に乗り越えましょう」「いつも応援しています」「がんばってください」という温かいメッセージは、私たちが迷いなく前進する大きな力となりました。

 

 未だ収束の兆しを見せない厳しい社会情勢ではありますが、明るい未来や希望を見失いたくありません。共にこの困難を乗り越えていきましょう。フットボールというスポーツはとてつもないパワーを持っています。困難に立ち向かう勇気や落ち込むようなこの日常に希望を与えてくれます。昨年選手たちが表現したプレーの数々は、フットボールの持つ大きな力・価値を証明してくれました。

 

 2021年、1日も早くコロナウィルスが収束し、以前のような日常生活の中にフットボールが戻ってくることを心から祈っています。そして、これからもクラブのミッション・ビジョンの実現に向けた更なる発展を目指し、レイエスに関わる全ての方々の希望となれるように全力で取り組んでまいります。

今後も変わらぬご支援、ご声援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2021年1月1日

東急SレイエスFC

代表 土本和孝